ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

ソロモン諸島の反政府デモに「重大な懸念」中国

国際

 南太平洋のソロモン諸島で発生した反政府デモで中国系の商店が襲われたことについて、中国外務省は「重大な懸念」を表明しました。

 ロイター通信によりますと、ソロモン諸島で24日に始まった反政府デモの一部が暴徒化し、中国系の商店に火を付けるなどしたということです。

 これについて中国外務省は25日の会見で、「中国国民や中国系資本が襲われたことに対し重大な懸念を示す」と述べ、ソロモン諸島政府に治安の回復を求めました。

 そのうえで、「中国とソロモン諸島の関係を破壊する、いかなるたくらみも無駄だ」と強調しました。

 ソロモン諸島では現政権が2019年に台湾と断交して中国と国交を結んでいて、今回のデモにはこうした対応への不満の高まりが背景にあるとみられます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース