ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

次の国政選挙「一騎打ちの構図が必要」蓮舫氏敗退で立憲・長妻氏

政治

ADVERTISEMENT

ADVERTISEMENT


 東京都知事選挙で蓮舫氏が敗退した責任を問われた立憲民主党の長妻政調会長は、次の衆議院選挙を見据えて都連会長を続投する考えを示しました。

立憲民主党 長妻政調会長 「次の選挙、(解散)総選挙で、まず都連のメンバー、候補者全員を当選させると、こういう使命が私にあると思っていますので、それは引き続きその使命を果たすべく努力をしていく」

 長妻政調会長は蓮舫氏が石丸伸二氏にも及ばず、3位に終わったことについて「政治全体が信頼を失っているなかで国政に一番遠いのが石丸候補だった」などと分析しました。

 共産党の支援が無党派層の票を減らしたとの指摘については「私自身はそういう考えではない」と述べ、否定しました。

 次の衆議院選挙に向けては野党が候補者を1本化し、選挙区をすみ分けることで「一騎打ちの構図」に持っていくことが重要だと強調しました。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース