ニュース

姉妹が車外に逃げようとした痕跡なし 置き去りで熱中症とみられる症状で死亡した事件 高松市

 高松市で幼い姉妹を車内に置き去りにし死亡させたとして母親が逮捕された事件で、車の中には姉妹が外に逃げようとした痕跡はなかったことが、捜査関係者への取材でわかりました。

 高松市の無職、竹内麻理亜容疑者(26)は、9月2日の午後9時ごろから3日の昼ごろまで、高松市常磐町のコインパーキングに停めた車に、6歳の長女と3歳の次女を置き去りにして、熱中症とみられる症状で死なせた疑いが持たれています。これまでの調べに対し竹内容疑者は、2人を車に残して酒を飲んでいたことを認めています。

 捜査関係者によると、幼い姉妹が残された車内には、2人が逃げようとした痕跡はありませんでした。

 また、車内には母親が置いたとみられる飲みかけの水や食べかけのパンの他、ゲーム機や小型の扇風機などがあり、散らかっていたということです。

 警察は、車のエンジンがかかっていたかなどについて専門家に話を聞きながら検証を進めています。

新着ニュース