ニュース

瀬戸内海で小学生ら乗る船が沈没…一夜明け海上保安部が現場周辺を調査 香川・坂出市沖

 19日、香川県坂出市の沖で小学生ら62人を乗せた船が沈没した事故で、海上保安部が現場周辺に潜るなどして事故の状況を調べています。

 事故があった香川県坂出市の与島沖では、20日午前6時半頃から高松海上保安部の潜水士が海に潜り、周辺を調べています。

 19日午後4時40分ごろ、修学旅行中だった坂出市立川津小学校の6年生52人を含む、62人を乗せた海上タクシーが何かに衝突しました。
 船は浸水し沈み始めたため、児童たちは救命胴衣を着て海に飛び込んだり船底の上に乗ったりして救助を待ちました。

 児童2人とバスガイドの女性(72)が病院に運ばれましたが、命に別状はありません。

 高松海上保安部は、今後沈んだ船を調べるとともに船長(45)から話を聞くなどして事故の原因を調べています。

おすすめ記事

新着ニュース