ニュース

香川県の犬の殺処分数 7年連続で全国ワースト1位

 香川県で2019年度、殺処分された犬が7年連続で全国ワースト1位でした。高松市に愛護センターが開所して初の集計となりましたが、ワースト1位から脱却することはできませんでした。

 2019年度、香川県では2219匹の犬が保健所に収容され、約4割の920匹が殺処分されました。前の年度より602匹減ったものの、7年連続で全国ワースト1位になりました。

 香川県と高松市は2019年3月、犬猫の譲渡を進めて「さぬき動物愛護センターしっぽの森」を開所しました。香川県によると、2019年度の犬の譲渡は2018年度より約300匹増えましたが、全国ワースト1位からの脱却とはなりませんでした。

 また、2020年度は新型コロナウイルスによって4、5月の譲渡会を中止するなどの影響を受けています。

関連ニュース

新着ニュース