ニュース

「ホームの下から火」ことでん円座駅で廃材など焼ける けが人なし、一部電車に影響 高松市

 21日夜、高松市のことでんの駅で廃材などが焼けました。けが人はいませんでしたが、一部の電車が運転を見合わせるなど影響が出ました。

 21日午後6時50分ごろ、高松市のことでん円座駅で、ホームの下から火が出ているのを運行中の電車の運転士が見つけました。

 電車はホームの手前で停車し、消防などが消火活動にあたりました。

 火は20分ほどで消えましたが、ホームの下に置いていた廃材などが焼けました。

 けが人はいませんでした。

 この火事の影響でことでん琴平線の上下合わせて2本が運休、10本に最大35分の遅れが出ました。

 警察が火事の原因を調べています。

関連ニュース

新着ニュース