ニュース

覚せい剤使用の疑いで再逮捕の消防士を送検 大麻とは別ルートで入手か 岡山・新見市

 10日、覚せい剤を使用した疑いで再逮捕された新見市の消防士の男が岡山地方検察庁に身柄を送られました。岡山県警は大麻と覚せい剤それぞれ別の入手ルートがあるとみて調べています。

 覚せい剤取締法違反の疑いで送検されたのは、新見市消防署神郷分署に勤務する山本隼容疑者(23)です。

 岡山県警によりますと山本容疑者は5月中旬、覚せい剤を使用した疑いが持たれています。
 調べに対し山本容疑者は「覚せい剤を使用したことはありません」と容疑を否認しています。

 山本容疑者は2020年10月、岡山市の駐車場で乾燥大麻を知人に譲り渡したとして逮捕・起訴されていました。

 岡山県警は大麻の取り引きをしていたグループとは別に覚せい剤の入手ルートがあるとみて調べを進めています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース