ニュース

【速報】津山小3女児殺害事件 被告の男に無期懲役を求刑 岡山地検

 17年前、岡山県津山市で当時小学3年生の女の子が殺害された事件の裁判です。殺人などの罪に問われている男に対し検察側は無期懲役を求刑しました。

 起訴状などによりますと、勝田州彦被告(42)は2004年9月、津山市の住宅で当時小学3年生だった女の子の首を絞めた上、腹や胸を刃物で複数回刺し殺害した罪などに問われています。

 勝田被告は逮捕後、容疑を認める供述をしましたが、その後「津山にも行っていない」と否認し、これまでの裁判で弁護側は無罪を主張しています。

 凶器など有力な物的証拠はこれまでに見つかっておらず、勝田被告が行った「自白」の信用性が裁判の争点になっています。

 きょうの公判で検察側は、捜査員の証言などから勝田被告は犯行状況や事件があった家の間取り図を誘導なく書いていること、勝田被告の「首を絞めてから4回、女の子を刺した」という供述が死因と一致していることなどから勝田被告の犯行だと主張。犯行態様が悪質で反省の情がないなどとして、無期懲役を求刑しました。

 被害者参加制度を利用した遺族側の弁護士は死刑を求め、「それがかなわない場合でも最低でも無期懲役を」と述べました。

 午後から被告の弁護側の最終弁論と被告の最終陳述が行われ、結審します。判決は来年1月6日に言い渡されます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース