ニュース

病気の夫を放置し死亡させた罪 妻に懲役3年の実刑判決 岡山地裁

ADVERTISEMENT

 岡山市で病気の夫を放置して死亡させたとして妻に懲役3年の実刑判決が言い渡されました。

 保護責任者遺棄致死の罪で判決を受けたのは岡山市の調理師・河原妃佐被告(58)です。

 判決などによりますと河原被告は、夫の直裕さん(当時55歳)が脳梗塞などの持病で薬が必要だったにもかかわらず病院に連れて行かず、2019年2月、自宅で死亡させました。

 これまでの裁判で弁護側はすぐに病院に連れていかなればならないほどの健康状態ではなかったと無罪を主張していました。

 14日の判決で岡山地裁の宇田美穂裁判長は、「第三者による保護を阻んでいて悪質」とした上で、「精神的な負担があったとしても実刑は免れない」として懲役5年の求刑に対して、懲役3年の実刑判決を言い渡しました。

 弁護側は即日控訴しています。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース