ニュース

ベトナム人技能実習生への暴行事件 建設会社の元従業員4人を不起訴に 岡山区検

ADVERTISEMENT

 岡山市の建設会社で働いていたベトナム人技能実習生に暴行し、けがをさせたとして書類送検されていた元従業員4人を岡山区検察庁は不起訴処分としました。

 この事件は2019年秋に来日したベトナム人技能実習生の男性が、職場の岡山市の建設会社で約2年間、日本人従業員から暴行を受け肋骨を折るなどのけがをしたと訴えていたものです。

 2022年6月、岡山県警は傷害などの疑いで当時従業員だった4人を書類送検していました。

 岡山区検は不起訴処分とした理由について明らかにしていません。

 実習生を保護していた労働組合によりますと、建設会社と監理団体から実習生に謝罪がありその後、解決金が支払われ示談が成立したとしています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース