ニュース

後輩隊員をスマホで叩いた自衛官(25)を停職7日の懲戒処分 陸上自衛隊善通寺駐屯地 香川

ADVERTISEMENT

ADVERTISEMENT


 陸上自衛隊第14旅団は4日、香川県の善通寺駐屯地で後輩隊員をスマートフォンで叩いたとして、第15即応機動連隊の男性陸士長(25)を停職7日の懲戒処分としました。

 第14旅団司令部によりますと、陸士長は2022年10月19日午前11時ごろ、服務指導していた後輩隊員の頭部を、スマホで1回叩いたということです。後輩隊員にけがはありませんでした。

 後輩隊員が当日、警務隊に通報。駐屯地内で調査して事実確認ができたため処分しました。

 男性陸士長は「関係者に多大な迷惑をかけたことを深く反省している」とし、依願退職する意向だということです。

 第15即応機動連隊の德淵文雄連隊長は「ハラスメント事案の発生を重く受け止め、再発防止に努めます」とコメントしています。

関連ニュース

あわせて読みたい

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース