ニュース

保育園の遊具に首挟まれ男児死亡の事故 当時の園長と保育士を不起訴に 岡山地検

ADVERTISEMENT

ADVERTISEMENT


 2021年、岡山市の認可保育園で当時2歳の男の子が遊具に首を挟まれて亡くなった事故で、岡山地方検察庁は当時の園長ら4人を不起訴処分としました。

 2021年10月、岡山市北区富原の認可保育園の園庭で、当時2歳の男の子が遊具に首を挟まれ意識を失っているのを保育士が見つけました。男の子は約1カ月後に亡くなりました。

 この事故で岡山県警は、当時園長だった60代の女性と30代から40代の女性の保育士3人を業務上過失致死の疑いで書類送検し、岡山地方検察庁は28日付けで4人を不起訴処分としました。

 地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

関連ニュース

あわせて読みたい

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース