ニュース

JR伯備線 踏切で列車と軽自動車衝突し1人けが 脱輪原因か

ADVERTISEMENT

 1日夜、倉敷市のJR伯備線の踏切で、普通列車が軽自動車と衝突し、軽自動車の男性がけがをしました。軽自動車は脱輪していたとみられます。

 1日午後6時30分ごろ、倉敷市酒津のJR伯備線の踏切で、立ち往生していた軽自動車に上り普通列車が衝突しました。

 この事故で、軽自動車の近くにいた運転手の男性(53)が頭などにけがをしましたが、命に別状はありません。  列車の乗員乗客約150人にけがはありませんでした。

 現場の踏切は幅が1.4メートルで、二輪や小型特殊を除いては車両の通行が禁止されていました。  警察は、踏切に進入した軽自動車が脱輪し、立ち往生したとみて、詳しい状況を調べています。

 JRは約2時間半後に運転を再開しましたが、この事故の影響で列車7本が運休または部分運休し、4000人に影響が出ました。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース