ニュース

〈新型コロナ〉公立小中学校で児童・生徒が臨時登校「みんなと会えてうれしかった」 高松市

 22日ぶりの登校でした。新型コロナウイルスの影響で休校となっている高松市などの公立小中学校で、児童・生徒が臨時登校しました。

(白戸ゆめのリポート) 「児童たちは春の日差しのぬくもりを感じる中、久しぶりの学校に元気に登校していきます」

 香川県の公立小中学校は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月3日から臨時休校となっていました。

 高松市の亀阜小学校では全員がマスクを着用し、教室では席をなるべく離して窓を開けて換気するなどの対策をしました。

(亀阜小学校/日下哲也 校長) 「皆さんと会ってその姿を見ることができ、大変うれしかったです」

 終業式は例年と違って各教室でモニターを使用して行われました。その後、成績表や春休みの宿題などが配られました。

(児童はー) 「(Q.学校ない間は?)さびしかった。お友達と遊びたかった」 「みんなと会えてうれしかった」 「(Q.学校好き?)好き!みんなと勉強したりするのが好き!」

 高松市では4月6日に始業式を行い、臨時休校は終える予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース