ニュース

岡山県の特殊詐欺被害額 去年は5億円超で前年の2.4倍に 9割以上が高齢者被害

 岡山県で去年1年間で発生した特殊詐欺の被害が、前の年の2.4倍に増えたことがわかりました。

 岡山県警によりますと、去年、岡山県で確認された特殊詐欺の被害は102件でした。

 被害額は約5億2010万円で、前の年の2.4倍になりました。

 認知件数の6割ほどがキャッシュカードをだまし取り現金を引き出す手口で、被害者の9割以上が65歳以上の高齢者です。

 岡山県警では「犯人からの電話に出ないために、家にいる間も固定電話を留守番に切り替えておくこと」などを呼び掛けています。

 一方、刑法犯の認知件数は前の年より1600件以上減っています。

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で、住宅に侵入しての窃盗が大幅に減ったことなどが理由の1つとみられています。

関連ニュース

新着ニュース