ニュース

岡山県の企業 約8割が「新型コロナの影響が継続」 東京商工リサーチ

ADVERTISEMENT

 民間の信用調査会社が岡山県で行ったアンケートに対し、8割近い企業が「新型コロナウイルスの影響が継続している」と答えたことが分かりました。

 このアンケートは東京商工リサーチ岡山支店が、まん延防止等重点措置が解除された後の10月1日から11日まで岡山県の企業を対象に実施しました。

 その結果、回答した134社のうち8割近い104社が「影響が継続している」と答えました。「影響が出たがすでに収束した」と答えたのは13社でした。

 新型コロナの収束時期については、回答した120社のうち約4割に当たる50社が「来年7月から12月ごろ」との見通しを示しました。

 東京商工リサーチでは「多くの企業で借入金が増えるなどしていて再建プランが描きにくい状況にあるのではないか」とみています。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース