ニュース

冬至の寒さでも元気に♪ 池田動物園でカピバラが「ゆず湯」を堪能 岡山市

ADVERTISEMENT

 12月22日は冬至です。岡山市の池田動物園では、カピバラがゆず湯を楽しんでいます。

 動物たちにとっても寒さが厳しいこの季節。南米東部の川や湖などに生息するカピバラは寒さに弱いため、池田動物園のカピバラ「サン」は11月になるとお湯に浸かっています。

 12月22日は、1年で最も昼間の時間が短い「冬至」です。冬至といえば「ゆず湯」。

(記者リポート)
「お湯の温度は人間のお風呂と同じくらいの温かさです」

 18日からゆず湯を堪能している「サン」。池田動物園では、寒さに負けず元気に過ごしてもらおうと、3年前から冬至が近づくと「サン」のお風呂にゆずを入れています。

(来場者は―)
「気持ちよさそうだな~って」
「(Q.ゆず湯に入る予定はありますか?)入ろうと思いました、今(笑)」

(カピバラの飼育担当/河田純司さん)
「鼻はいいので、ゆずの香りを十分味わっていると思います。カピバラがゆず湯に入っている姿を見ていただければと思います」

 池田動物園では、21日も午後1時からゆず湯に入る「サン」を見ることができます。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース