ニュース

中学校の卒業式当日に「特攻服」着用は補導対象に 岡山県警などが呼びかけ

 中学校の卒業式当日に生徒がJR岡山駅前に特攻服を着て集まる問題で、警察官らが今年からこうした行為が補導対象になることを呼びかけました。

 2016年の中学校卒業式当日のJR岡山駅前では、特攻服を着た生徒などが桃太郎像に登ったり花壇を荒らしたりして騒ぎ、23人が未成年喫煙で補導されました。  岡山県警などは、周囲に迷惑と不安感を与えるとして、今年から特攻服や刺しゅう入りの学生服を着ているだけで補導対象にします。

 8日朝は、JR岡山駅前で県や教育委員会、警察などの職員らがチラシを配って周知しました。

(岡山県警少年課/寳満智彦 課長) 「特攻服を着て集まる行為が非行を助長する行為でありますので、こういった公共の場に集まるのはぜひやめていただきたいと思います」

新着ニュース