ニュース

治療を終えた7本の「凱旋桜」幹に巻いた包帯を除去 岡山・新庄村

 「凱旋桜」で知られる岡山県新庄村で、治療を終えた木の包帯を取る作業が行われました。

 岡山県新庄村のがいせん桜通りです。この日は樹木医と作業員3人が訪れ、治療を終えた桜7本の幹に巻いていた包帯を取り除きました。

 道の両側にある133本のソメイヨシノは日露戦争の勝利を祝って1906年に植えられました。

 新庄村では1992年から衰弱が目立つ木を善意の募金で治療しています。

(新庄村 産業建設課/小畑貴弘さん) 「治療が完了した7本につきましては、またこれからも元気でいてくれると思います」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース