ニュース

水害に備えた救助訓練 水中に沈んだ人を探査装置で探す 岡山・新見市

 新見市で水害に備えた救助訓練が行われました。

 新見市消防署が毎年開いている訓練で署員7人が参加しました。新見市の大佐ダム湖で水中に沈んだ人を見つけ出す想定です。

 署員は水中探査装置がついたゴムボートに乗って水中に沈んだ人形を探します。モニターで人形の位置を確認しながら引き上げていました。  また溺れている人に大声で呼び掛け、浮き輪を付けた救助具を投げて助け出す訓練も行われました。

 新見市では2018年7月の西日本豪雨で床上浸水した地区から20人がボートで救助されました。

(新見市消防本部/内田順二 消防司令補) 「救助技術の向上を図り有事の際にはしっかりと連携をとってスムーズな救助活動を行えるように訓練を重ねていきたいと思います」

新着ニュース