ニュース

特急列車のパンタグラフが破損 架線点検のため瀬戸大橋線などで運転見合わせ JR四国

 4日午後1時すぎ、愛媛県のJR川之江駅で下りの特急しおかぜ・いしづち9号のパンタグラフが壊れているのが見つかりました。

 JR四国ではこの列車が通った架線を点検するため、瀬戸大橋線の児島ー宇多津間と予讃線の高松ー多度津間で全ての列車の運転を見合わせています。

(駅の利用客はー) 「1時間ちょっと待ってますね」 「6時半の岡山発の新幹線に乗らなくてはいけないので」

 JR四国によりますと4日18時現在、最終確認をしていてまもなく運転を再開できる見込みだということです。

新着ニュース