ニュース

高松市 高齢者に3回目の接種券を発送 29日からは2カ所で集団接種も〈新型コロナ〉

ADVERTISEMENT

 新型コロナワクチンの3回目の接種に向けて、高松市は65歳以上の高齢者に接種券を発送しました。

 20日正午過ぎ、高松南郵便局に接種券が運び込まれました。

 高松市は20日、2021年6月に2回目の接種を終えた65歳以上の高齢者、約3万8000人に向けて3回目の接種券を発送しました。

 高松市は個別接種を基本としていますが、29日からは高松市役所とみんなの病院で集団接種も行う予定です。25日から市のコールセンターやインターネットで予約を受け付けます。

 また、高松市は2回目の接種からの間隔を、一般の高齢者は「7カ月」、64歳以下の人は「8カ月」としていましたが、3回目接種を前倒しする国の方針を受けて、3月以降はそれぞれ1カ月短縮します。

(高松市 新型コロナワクチン接種担当/津山裕司さん)
「感染予防、あるいは重症化予防のためにも、ワクチンのメリット・デメリットを考えていただきながら接種についてご検討いただけたら」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース