ニュース

参院選・岡山選挙区に5人が立候補 18日間の選挙戦 候補者の訴えは【第一声】

ADVERTISEMENT

 参議院選挙が公示され、18日間の選挙戦が始まりました。岡山選挙区には5人が立候補し、1議席を争います。

 岡山選挙区に立候補したのは、届け出順に、政治団体「参政党」・新人の高野由里子さん(46)、共産党・新人の住寄聡美さん(39)、自民党・現職の小野田紀美さん(39)、無所属・新人の黒田晋さん(58)、NHK党・新人の山本貴平さん(47)の5人です。

(諸派・新/高野由里子 候補)
「今どんどん日本の富、そういったもの、技術も全て外資に買われている状況。もっとちゃんと日本という国が自立したい。そこに関してみんなと議論をして新しい日本をつくり上げていきたい。日本人の日本人による日本人のための政治をやっていきたい」

(共産・新/住寄聡美 候補)
「軍事一辺倒で本当に平和がつくれるでしょうか。戦争への道を開いてしまうのではないでしょうか。憲法9条を生かした平和外交を本気で進めていくこと、このことを提案したいと思うんです」

(自民・現/小野田紀美 候補)
「日本の平和は守られるのか、物価が高騰する中で私たちの暮らしは守られるのか、飼料も肥料も高騰する中で、食糧安全保障である農業は酪農は畜産は守られるのか。その国民の皆さまの不安、何とか取り除いていきたい」

(無・新/黒田晋 候補)
「電車もバスもタクシーもどんどん地方から減ってきています。生まれながらに通勤、通学、通院、買い物、その他のことができるような、きちっとした仕組みをつくり上げる。本当の意味での地方創生を岡山から始めていく」

(N党・新/山本貴平 候補)
「NHK集金人、訪問業者の被害の軽減を公約にやっています。全国の年金受給者の方のNHK受信料を無料とさせていただきます。参議院議員選挙に勝ってNHKをぶっ壊す」

 参議院選挙は7月10日に投票が行われ、即日開票されます。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース