ニュース

島を離れる先生を港で見送り フェリーに紙テープ…エールを送る 香川・小豆島

 春は出会いと別れの季節です。香川県小豆島の港では島を離れる先生を生徒たちが色とりどりの紙テープや演奏で見送りました。

 香川県立小豆島中央高校では、この春の異動で18人の教職員が島を離れます。8日、高校で離任式を行った後、池田港からフェリーで高松に向かう先生たちを約300人の生徒や教職員が見送りに訪れました。

 風が強かったため、黄色や水色など色とりどりの紙テープは少し流れてしまいましたが、生徒たちは吹奏楽の演奏や、たる太鼓などで船に乗った先生たちにエールを送りました。

 港での先生の見送りは小豆島の春の風物詩になっていて、ほかの港でも盛大に行われています。生徒たちは、フェリーが見えなくなるまで手を振っていました。

新着ニュース