ニュース

特集

【特集】西日本豪雨から1年 被災地に“つながる場”を ボランティア続ける男性の思い 岡山

 西日本豪雨の被災地、倉敷市真備町でボランティア活動を続ける男性がいます。男性は、1年前、自らカヤックを漕ぎ、浸水した町から12人を救助しました。その後も様々なボランティアを続ける男性の思いは、少しずつ周囲の人たちにも広がっています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース