ニュース

〈新型コロナ〉岡山・倉敷市で初の感染確認 30代の男性会社員 感染経路は不明

 岡山県倉敷市で初めての感染確認です。倉敷市の30代の男性が8日、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

(倉敷市/伊東香織 市長) 「(倉敷)市内でコロナウイルスの感染症の患者の確認は1人目」

 新型コロナウイルスに感染したのは、倉敷市に住む30代の男性会社員です。倉敷市で初めて、岡山県では23人目の感染確認です。

 倉敷市によりますと男性は4月22日から発熱や喉の痛み、味覚障害などがあり、医療機関を受診していました。胸部レントゲンで肺炎の像はありませんでしたが、倦怠感が改善せず、8日、PCR検査で「陽性」と判明しました。

 男性は4月9日から11日まで同僚3人と一緒に高知県に出張し、12日から21日まで会社に勤務していたということです。常時マスクを着用し、感染経路は不明ということです。

 男性は一人暮らしですが、倉敷市が濃厚接触者について調べています。

新着ニュース