ニュース

〈新型コロナ〉早ければ3月下旬に高齢者のワクチン接種へ 岡山・総社市長が地元の医師会などに協力要請

 岡山県総社市が新型コロナのワクチン接種に必要な体制を確保しようと、地元の医師会などに協力を要請しました。

(総社市/片岡聡一 市長)
「接種体制をつくるのが基礎自治体。ぜひ先生方のご協力を賜りたい」

(吉備医師会/高杉尚志 理事)
「普段の医療を守りながら全面的にワクチンの事業に協力したい」

 総社市は早ければ3月下旬にも高齢者2万人に対して接種を始め、1日1000回分の接種を目指しています。
 接種には医療スタッフの協力が必要で、市は医療機関に対して独自の補助金などを支給する方針を示しました。

 一方、多くの市民がワクチン接種に不安を持っていることを課題にあげ、市は積極的に情報発信する考えです。

(総社市/片岡聡一 市長)
「悪い情報ほど詳しく伝えていく。最終的には市民が納得ずくめで接種していただかなければならない」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース