ニュース

〈新型コロナ〉ワクチン接種対応への協力金など 約4億5000万円の補正予算案を可決 岡山・総社市

 岡山県の総社市議会は、新型コロナウイルスのワクチン接種に対応する医療機関などへの協力金に充てる費用、約1億円を盛り込んだ補正予算案を可決しました。

 総社市議会は約4億5000万円の補正予算案を可決しました。このうち1億円は、ワクチン接種に対応する医療機関やスタッフに支払う市独自の協力金の費用です。

 総社市は、集団接種の会場で対応する医療スタッフに1日2万円、接種する病院に1カ月当たり最大60万円、診療所には1カ月当たり最大20万円を支払います。

 また、補正予算にはワクチンの接種費用や機材費などとして約3億5000万円が盛り込まれています。

 臨時市議会後の会見で片岡聡一市長は1日当たり1000回、半年以内に6万人にワクチン接種を行う方針を示し、2月中に体制などをまとめると話しました。

(総社市/片岡聡一 市長)
「医療従事者の力を借りないと到底無理。補正予算の4億5000万円を使って、市民にスピーディーに接種できる体制を作りたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース