ニュース

四国企業が活性化に向け連携!「四国家サポーターズクラブ」 を設立

 四国全体のさらなる活性化を目指します。
 四国に眠る地域資源を掘り起こして磨き、にぎわい作りや郷土愛の醸成につなげようと四国内の企業などで作る団体「四国家サポーターズクラブ」が設立されました。

 3月3日午後、高松市でキックオフミーティングが行われ、会員となった四国の交通機関や商社など24の企業・団体の代表が出席しました。

 JR四国、四国電力、日本郵便四国支社の3社は、2018年度から3年間、連携して四国の土産物セットの販売やツアーを企画してきました。

 「四国家サポーターズクラブ」はこの取り組みをさらに発展させるものです。

 新たな事業として、四国遍路の世界遺産登録に向け88カ所霊場のイラストが描かれたラベルの四国銘酒をセットで販売したり、地域の祭りを支援したりします。

(JR四国/半井真司 会長)
「四国が一つになって四国家の一員として、皆さんが取り組んでくれるんじゃないかと非常に期待しております」

関連ニュース

新着ニュース