ニュース

華やかな「お雛様」を堪能 倉敷市の旧野崎家住宅 岡山

 岡山県倉敷市の旧野崎家住宅で毎年恒例のお雛様展が開かれています。

 毎年恒例のお雛様展では、旧家に伝わる雛人形や雛道具約200点が展示されています。

 「見栄っ張り雛」は、袖には松や鷲の刺繍が大胆に施されています。大きな袖に豪華な刺繍を入れ見栄を張ったとされています。江戸時代から大正ごろまで瀬戸内地方でよく見られました。

 「享保雛(きょうほうびな)」は、やや下から見上げると微笑んだような顔になります。明治5年、かつて岡山藩主だった池田家から譲り受けたということです。

 その他、犬の狆(ちん)をつれた「狆曳き官女(ちんびきかんじょ)」なども展示されています。

 旧家に伝わる華やかなお雛様を見られるお雛様展は倉敷市の旧野崎家住宅で4月4日まで開かれています。

関連ニュース

新着ニュース