ニュース

2012年の高校生自殺「激しく叱責されたことが大きな要因」 第三者調査委員会が調査結果を報告 岡山市

ADVERTISEMENT

 岡山市の高校で2012年に起きた男子高校生の自殺について、調査結果がまとまりました。調査委員会は、野球部の監督による激しい叱責が大きな要因と結論付けました。

 県教育委員会に設置された第三者調査委員会が26日、県と県教委に調査結果を報告しました。

 2012年7月、岡山市の岡山操山高校で当時野球部のマネージャーだった2年生の男子生徒が、野球部監督から厳しい叱責を受けた後に自殺しました。

 当時、学校や県教委は「監督の指導と自殺の因果関係は不明」としていましたが、2018年に遺族の要望により第三者調査委員会が設置され、調査を行ってきました。

 調査委員会は記者会見で、「監督は以前から男子生徒に体罰や叱責を繰り返し支配関係にあった。自殺する直前、男子生徒がグラウンドに残され激しく叱責されたことが自殺の大きな要因で、教師という立場を利用した『ハラスメント』である」と結論付けました。

 また、学校や県教委の初期の対応は「保身」だったとし、もっと迅速に調査すべきだったと述べました。

(岡山県教育委員会/鍵本芳明 教育長)
「遺族にしっかりと寄り添った体制ができていなかったこと、何よりも8年という時間が過ぎたことは反省しているところです」

 生徒の両親は会見で、「事後対応の甘さを指摘してもらえたことに感謝をしている」と話しました。

(生徒の母親は―)
「生きていた時と同じように位牌(いはい)を前にして話をしているので、やっとここで証明されたよっていうことを伝えたいと思います」

(生徒の父親は―)
「いくら願っても息子と過ごした幸せな家庭は戻ってくることはない。今回の教訓を風化させることなく、岡山の子どもが健やかに成長できる学校教育に生かしてほしい」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース