ニュース

岡山県の去年の少年非行率 過去最低に改善も全国ワースト6位

 岡山県警が2020年1年間の少年非行の状況をまとめました。非行率は、過去最低となりましたが、全国ではワースト6位でした。

 岡山県警によりますと、2020年に刑法に違反して検挙・補導された少年の数は前の年より92人減って463人となり、統計を取り始めて以来最も少なくなりました。

 少年の人口1000人当たりに占める刑法犯の割合を表す「非行率」も2.4人で過去最低となりました。しかし、全国でみるとワースト6位と、依然高い水準です。

 薬物事犯など特別法に違反して検挙・補導された少年の数は前の年より5人少ない128人となりましたが、大麻取締法に違反した少年が7人増え12人となりました。

 岡山県警は「学校などと協力して非行防止教室や立ち直り支援の取り組みを継続していく」とコメントしています。

関連ニュース

新着ニュース