ニュース

地域を盛り上げる初夏の味覚! 4品種、120本を栽培するアンズ畑での収穫始まる 香川・国分寺町

 高松市の畑で初夏の味覚「アンズ」の収穫が始まりました。

 目指すのはアンズで地域を盛り上げることです。

 高松市国分寺町にある竹本慧さんの畑では31日から「アンズ」を収穫しています。

(中濱綾那リポート)
「たわわに実ったアンズ、いただきます!甘酸っぱい」

(讃岐国分寺あんず事業振興会/千田隆久 会長)
「見ての通りね。おいしそうですよ、実は。アンズの実は独特の味がありますからね」

 この地区では、住民たちが休耕田を活用してアンズで地域を盛り上げようと2008年に「讃岐国分寺あんず事業振興会」を立ち上げて栽培と販売に取り組んでいます。

(アンズ農家/竹本慧さん)
「アンズに興味を持たれる方が一人でも二人でも増えて、新しくその人が仲間として増えていく……うまく展開してくれたらありがたい」

 竹本さんの畑では、生食用の「ハーコット」や加工用の「平和」など4品種、120本を栽培しています。

 アンズの収穫は6月中旬に最盛期を迎え、市内の産直などに出荷されます。

 また2021年は、初めて直売所を開設する予定だということです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース