ニュース

レオマリゾート 夏休みの利用客は半分以下に 新型コロナや大雨など影響 香川・丸亀市

ADVERTISEMENT

 夏休みも終盤に差し掛かっています。香川県丸亀市のレジャー施設「レオマリゾート」はこの夏、打撃を受けています。

 2021年で30周年を迎えた丸亀市の「レオマリゾート」です。17日もあいにくの雨。パーク内では雨具を着てアトラクションを楽しむ人の姿が見られました。

(白戸ゆめのリポート)
「例年ですと多くの子どもたちでにぎわうレオマリゾートですが、今年は新型コロナと降り続く雨の影響でお客の入りが少なくなっています」

 レオマリゾートでは、コロナ禍以前の夏休みは約9万5000人が訪れていましたが、2021年はこれまでに4万9000人と苦しい状態が続いています。

(レオマリゾート/日高幸人 支配人)
「通常時に比べるとかなり……半分以下のお客様の数になっているという状況」

 さらに2021年は、お盆に県をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられたのに加え、期間中、天候が崩れた影響でより客足が遠のいたと言います。

(レオマリゾート/日高幸人 支配人)
「(お盆期間は)数字的な事を言えば例年の1割ぐらいしか来ていない」

 そんな中でもレオマリゾートでは感染症対策を取りながらイベントを行っていて、プールゾーンも9月20日まで営業の予定です。

(レオマリゾート/日高幸人 支配人)
「来られるお客様にも感染防止対策を協力していただきながら、粛々と運営していきたいなと。マスクを外して皆さんが楽しんでいただけるような形が早く来ればいいなとは思っています」

 しかし、新規感染者の増加は続き、政府は8月20日から9月12日まで、香川県にも「まん延防止等重点措置」を適用する方針です。レオマリゾートの対応を聞くと……。

(日高幸人支配人)
「あくまで県や行政の指示・指導に従った形。また要請などがありましたらそれに従う形で、営業は継続していきたいとは思っています」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース