ニュース

世界初のドローン定期航路開設 香川・三豊市沖の離島で初フライト

ADVERTISEMENT

 小型無人機・ドローンを使って香川県三豊市沖の離島、粟島に生活物資や医療物資を届ける世界初の定期航路が8月、開設されました。8月30日、初めての輸送が行われました。

 航路は、三豊市詫間町の須田港から粟島までの片道約4キロです。高松市のドローン物流ベンチャー「かもめや」が輸送サービスを手掛けます。

 初フライトとなった8月30日は、粟島の2世帯3人が注文したお菓子やペットフードなど合わせて1キロ分を、GPSやセンサーを搭載したドローンが7分半ほどで運びました。

 粟島は人口が約170人で、高齢化率は8割を超えています。

 これまで島民は食品や日用品の購入に、島に1軒ある商店を使うか、定期船で三豊市内に買い出しに行っていました。

(野口真菜リポート)
「ドローンは降りる場所の目印となるシートを認識して自動で着陸します。周りにはオペレーターがいて安全が確保されています」

 島民は、商品の代金プラス500円の手数料でサービスを利用できます。粟島港に届いた荷物は、かもめやのスタッフが検品して自宅まで運んでくれます。

(島民はー)
「忍者のようにドローンと飛んでくるんですから夢みたいですね。過疎化が進んできましてね、助かりますね」
「インターネットで注文できないような島のご高齢の方とか、出歩くのが不自由な人たちのために今後整備されていったらいいなと思います」

 かもめやは今後機体や運航体制を強化していく方針です。

(かもめや/小野正人 社長)
「商用サービスというところの第一歩になると思っていますので、島の方がこういうものが欲しい、こういうサービスを受けたいといったところを一緒に作っていきたいと思っています」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース