ニュース

「ニッカリ青江」が約2年ぶりに公開!刀剣乱舞のパネルも 香川・丸亀市

ADVERTISEMENT

 日本刀を集めた展示会が香川県丸亀市で開かれ、オンラインゲームがきっかけで人気を集める「ニッカリ青江」も約2年ぶりに公開されています。

 国の重要美術品「ニッカリ青江」は、豊臣秀頼が丸亀の京極家に贈ったとされる約60センチの脇差しです。切先が大きく、身幅は太く迫力ある姿が特徴です。

 所蔵する丸亀市立資料館が定期的に公開していますが、2020年は新型コロナの影響で展示会が開けず、約2年ぶりの公開になりました。

 「ニッカリ青江」は、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」で擬人化されたのをきっかけに人気を集めています。2階の特設会場には、ゲームのキャラクター「にっかり青江」のパネルなども展示していて自由に撮影することもできます。

 会場にはこの他、江戸時代末期に活躍した刀職人・源清麿が手掛けた日本刀や「つば」などの刀装具も含め、合わせて85点が展示されています。

 展示会は、11月21日まで丸亀市立資料館で開かれています。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース