ニュース

香川県では初 倒壊の恐れがある空き家を「行政代執行」で撤去へ

ADVERTISEMENT

 高松市は、空き家対策特別措置法に基づき、倒壊の恐れがある空き家を、行政代執行で強制撤去する方針を固めました。香川県内では初めてです。

 強制撤去するのは、高松市扇町にある木造2階建ての建物です。  築40年以上経っていて、崩れ落ちた屋根や壁の一部が強風の際に飛び散るなど、倒壊の危険性が高まっています。

 所有者の女性は30年程前に死亡していて、相続権は県外在住の孫3人にあります。

 高松市は空き家対策の特別措置法に基づき、これまでに孫に対して撤去の勧告や命令を行いましたが進展せず、行政代執行で撤去することを決めました。

 道路が狭く、重機が入れないため、解体は手作業で行わなければならず、費用は1200万円を見込んでいます。  補正予算案が議会で可決されれば、高松市が解体し、費用を所有者側に請求します。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース