ニュース

福祉を学ぶ短大生と高齢者 昔ながらの餅つきで交流 岡山・新見市

ADVERTISEMENT

 岡山県新見市の公立短期大学で、地域の高齢者と学生が餅をつきながらふれあいました。

 地域福祉を学ぶ学生 約90人と招かれた地域の高齢者8人が参加しました。

 昔ながらの臼と杵を使ってまずは、高齢者が手本を見せます。学生たちは、初めはおぼつかない様子でしたが、次第にリズムをつかみ、みんなで力をあわせてつきあげていきます。

 学生たちは、つきあげた餅を高齢者から手ほどきを受けながら、手のひらできれいに丸めていきました。

 そして、つきあがった餅を、きなこやぜんざいにして、みんなで、おいしそうに頬張っていました。

(学生はー) 「楽しいです。おいしいので」 「将来、高齢者と関わる仕事をしようと思っているので、今からたくさん交流していきたいと思っています」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース