ニュース

司法に関心を…法学部の学生が小学生と一緒に模擬裁判 香川大学

ADVERTISEMENT

 小学生に司法に関心を持ってもらおうと、高松市で大学生による模擬裁判が行われました。

 香川大学が毎年この時期に開いている「ジュニア・ロースクール」です。香川大学教育学部付属高松小学校の6年生、約30人が参加しました。

 模擬裁判では、香川大学法学部の学生が裁判官や被告人、弁護人役を務めました。また4人の児童が裁判官、書記官として模擬裁判に参加しました。

 自転車を盗んだ罪に問われた男の模擬裁判で、「他人の自転車だと思っていなかった」という被告人の主張をめぐり審理が進められました。

(検察官役の学生) 「相当法条適用の上、被告人を懲役2月に処するのが相当」

(弁護人役の学生) 「窃盗の故意と不法領得の意思が存在していない。よって香川さん(被告人)は無罪というほかない」

 児童たちは、模擬裁判について自分たちの意見も発表しました。

(参加した児童は―) 「なかなかできない体験で、いろいろな人の意見を踏まえて判決されているんだと感じた」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース