ニュース

夏の高校野球・香川大会準々決勝 高松商と英明がコールドで決勝へ

 夏の高校野球、香川大会は26日、準決勝2試合が行われました。ともにコールドゲームで、高松商業が3年ぶり、英明が8年ぶりの決勝進出を果たしました。

<第1試合>高松商 13ー6 高松工芸(7回コールド) 1回表、高松工芸がスクイズなどで3点を先制。1回裏に高松商業は4番・岸本のタイムリーで1点を返します。3回表、高松工芸は7番・三好、9番・植田のタイムリーで3点を追加。点差を5点に広げます。

しかし、その裏、高松商はノーアウト満塁から、3番・谷口、7番・安倍のタイムリーなどで同点に。 4回裏に岸本のタイムリーで勝ち越すと、5回には押し出しや、2番・大塚、4番・岸本のタイムリーなどで大量6得点。7回コールドで、初の決勝進出を目指した高松工芸を下しました。

<第2試合>英明 11ー2 尽誠学園(7回コールド) 英明は、1回表、3番・宮本のタイムリーで1点を先制。3回に6番・住友のタイムリーで2点を追加します。 対する尽誠学園は、英明のエース・黒河を前に、1回から3回まで三者凡退。 4回表、英明は、ノーアウト満塁から、4番・黒河、5番・天満、6番・住友の連続タイムリーで一挙5点を追加。5回に5番・天満の2点タイムリーで10点差とします。

5回裏、尽誠は、代打・堀、9番・菊地の連続タイムリーで2点を返しますが、6回表に英明が1番・山上のタイムリーで1点を追加され、11対2、7回コールドで敗れました。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース