ニュース

「シティライトスタジアム」の次の名称は?岡山県が命名権者を募集

 J2・ファジアーノ岡山のホームスタジアムにもなっている岡山県総合グラウンド陸上競技場。県は現在の名称「シティライトスタジアム」の“次の命名権者”を募集しています。

 岡山市北区いずみ町にある県総合グラウンド陸上競技場の命名権料は、年間1500万円以上(税抜き)で、契約期間は来年3月から2年11カ月以上、4年11カ月以内です。 

 岡山県は財源不足を補うため、2010年3月から5年間、菅公学生服と年間1000万円(税抜き)でネーミングライツの契約を結びました。  2015年3月からは、自動車販売の「シティライト」と年間1620万円(税抜き)で5年契約を結びましたが、来年2月末に契約満了を迎えます。

 命名権の申し込みの受け付けは10月30日までで、岡山県が設置する選定委員会が審査し、11月25日までに結果を通知します。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース