ニュース

渋野日向子選手が母校へ 給食やスナッグゴルフで小学生と交流 岡山市

ADVERTISEMENT

「今年の顔」となった女子プロゴルファー渋野日向子選手が10日、西日本豪雨で被災した母校、岡山市の平島小学校で児童と交流しました。

 岡山市東区の平島小学校児童が待っていたのは、女子ゴルフの渋野日向子選手。全校児童約250人から歓迎を受けました。

(渋野日向子 選手) 「本当に私が伝えたいことは今頑張っていることを一生懸命頑張って、笑顔で毎日を生きてほしいってすごい思うので」

 渋野選手は小学生の時にソフトボールに打ち込んだことや、2018年7月の西日本豪雨のことを話しました。

(渋野日向子 選手) 「みんな予想外のことだったと思うんですけど、それでもこうやってみんな元気な顔で来てくれて、きょうという日を迎えられて本当に素晴らしいことだと思います。被災した人たちから頑張ってと応援してもらったので自分もすごい頑張れたし、きょうまで頑張ってこれた」

 講演の最後には子どもらしい質問も。

Q.小学生のころ彼氏はいましたか? 「いなかったね。でも小学生の時、1番は誰々が好き、2番誰々が好き3番は誰々が好きだってすごい言ってた」

 講演の後、4年生の児童と一緒に給食を食べました。

(渋野日向子 選手) 「嫌いな果物はないけど、嫌いな食べ物はシイタケ。シイタケおいしくないよな」

 懐かしい給食の後は。

(記者) 「渋野選手が小学生の時にプレーしてゴルフを好きになった、スナッグゴルフで交流します」

 ゲーム感覚でゴルフを学べるスナッグゴルフを5、6年生と一緒に楽しみました。

「しぶこフィーバー」を巻き起こしたスマイリングシンデレラとの交流に、児童の笑顔が溢れていました。

(児童はー) 「楽しく笑顔でやってくれてるのでうれしく思ってます」 「教えてもらって、ちょっとやりたい気分になってきた」


(渋野日向子 選手) 「子どもの自分に戻った気分でした。小さい子たちの笑顔を見て自分も癒やされて笑っていられるので、本当にもう小さい子や応援してくれてるみなさんのおかげだなとすごく思います」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース