ニュース

ファジアーノ岡山、悲願のJ1昇格へ 選手ら岡山市長に今シーズンの活躍誓う

ADVERTISEMENT

 悲願のJ1昇格でホームタウンのひとつ、岡山市を盛り上げます。サッカーJ2、ファジアーノ岡山の選手と監督が、岡山市の大森市長に今シーズンの活躍を誓いました。

 ファジアーノ岡山の有馬賢二監督とフォワードの赤嶺真吾選手、新加入の上門知樹選手らが岡山市役所を訪れました。そして大森雅夫市長に、「J1昇格という目標に向かって頑張りたい」とそれぞれ抱負を語りました。

 大森市長は、「ファジアーノの勝利、活躍が岡山市民の一体感につながる。ぜひJ1に昇格してほしい」と激励しました。

 J2参入12年目の今シーズン、ファジアーノは悲願のJ1昇格を目指します。  開幕戦は2月23日、ホームでツエーゲン金沢と対戦します。

(FC琉球から新加入/FW 上門知樹 選手) 「強い覚悟を持って岡山に来たので、チームの目標であるJ1昇格をみんなで意志統一したので、そこに向かっていくだけ」

(ファジアーノ岡山/有馬賢二 監督) 「今年もスタジアムで練習場も含めて(岡山市民に)一緒に戦っていただきたい」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース