ニュース

香川オリーブガイナーズ 近藤新監督らが市長に意気込み アイランドリーグ出身で初の監督就任

ADVERTISEMENT

 四国アイランドリーグ出身としては初めて監督に就任した香川オリーブガイナーズの近藤智勝監督らが高松市の大西市長を表敬訪問し、新シーズンへの意気込みを話しました。

 ガイナーズの近藤智勝監督と白方克弥キャプテン、香川県出身の新入団選手ら7人が高松市役所を訪れました。

 近藤監督は、2005年のアイランドリーグ発足時にガイナーズに入団し、以来14年間、選手やコーチとしてチームを支えてきました。

 ガイナーズは去年、前期が3位、後期が2位に終わりました。今シーズンの開幕日はいまだ決まってはいませんが、白方キャプテンは、「チーム一丸となっていいスタートを切り、日本一を目指して頑張りたい」と力強く抱負を語りました。

(香川オリーブガイナーズ/近藤智勝 監督) 「来るべき開幕日に備えて、開幕になったときにドタバタしないように。気持ちをそこにあわせて、たかぶらせていきたい」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース