ニュース

〈新型コロナ〉香川県の公立小学校が再開 感染防止対策で教室のドアや窓は開放 高松市

 1カ月ぶりの学校再開です。香川県では6日、公立の小・中・高校で始業式が行われました。感染拡大の対策をしつつ、子どもたちは新しい学年での生活をスタートさせました。

(記者リポート) 「桜が見ごろを迎える中、子どもたちが元気に登校しています、多くの子どもがマスクをつけています」

 香川県では県内全ての公立の小・中・高校で始業式が行われました。  高松市の新番丁小学校は毎年、体育館で行っている始業式を各教室のモニターに映す形に変えました。

(新番丁小学校/宮井優寿 校長) 「皆さんに最もお願いしたいことは、『自分の命、そして人の命を守る』。その行動ができる人になってほしいことです」

 新番丁小学校では、教室の換気をよくするために窓やドアを開けっ放しにしています。また、アルコール消毒液が購入できず不足しているため、手洗いを徹底するなどして感染を防ぐ対策をとっています。

(児童はー) 「みんなと会えて楽しいって気持ちもあるけど、やっぱり新型コロナウイルスが始まって、それでかからないようにしたいなというところはあります」 「あんまり密接しないように手洗いをしたりマスクを必ずしたりして」

 新番丁小学校では3月3日から臨時休校していた影響で、新しい学年の準備が終わっていませんでした。子どもたちは、7日からの学校生活に向けて大きな荷物を整理していました。

(児童はー) 「クラスが仲良しの子と一緒になれてうれしかったです」 「5年になってもがんばりたいです(Q.どんなことを?)勉強とかを頑張りたいです」

 高松市の小中学校は、7日に授業を再開しますが、子どもたちが接触する時間を少しでも減らすため、4月10日までは午前中のみ授業を行う予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース