ニュース

〈新型コロナ〉高松港と小豆島・土庄港を結ぶ高速艇がさらに減便 通常の半分に 香川

 新型コロナウイルスの影響で、高松港と香川県小豆島の土庄港を結ぶ高速艇は4月から夜間便を減便していましたが、日中便も加えて5月末まで減便を続けます。

 小豆島フェリーが運航する高松-土庄航路の高速艇は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて4月20日から夜間便1便を減便して運航していました。

 当初は5月6日までとしていましたが、利用客が減っていることや「緊急事態宣言」が全国に拡大されたことを受けて、期間は5月末まで延長し、さらに高速艇を1隻減らし、通常の半分である8便のみの運航となっています。  フェリーは通常運航しています。

 他にも高松港を発着する直島航路の高速艇と草壁航路のフェリーも減便して運航しています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース