ニュース

競争率240倍…「就職氷河期世代」対象の岡山市の職員採用試験に1460人超申し込み

 就職氷河期世代を対象にした岡山市職員の採用試験が行われました。新型コロナウイルスの影響で3カ月遅れての実施となりました。  当初は今年4月19日に1次試験が行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3カ月以上延期されていました。  就職氷河期世代の34歳から44歳が対象で、一般行政事務職員6人程度の採用予定に対して1465人が申し込み、競争率240倍です。

 岡山市役所の試験会場では受験者はマスクを着用し、席の間隔を空けたり換気をしたりして感染症対策を行いました。  1次試験の合格者は9月に行われる2次試験で個別面接などに臨みます。9月下旬に最終合格者が発表され、11月以降に採用される予定です。

新着ニュース