ニュース

「非常に強い」勢力の台風10号 岡山・香川への影響は?

 気象庁が「『特別警報級』まで発達する」と表現している台風10号は、日本の南の海上を勢力を強めながら北西に進んでいます。6日から7日にかけては九州に上陸する恐れもあります。

 岡山・香川への最接近は7日の昼ごろになりそうです。台風とは少し距離がありますがどのような影響が予想されているのか、気象台に聞きました。

(高松地方気象台/片山保 主任予報官) 「台風を要因とする特別警報については香川県、可能性は非常に低いと考えています。現在のところ警報までは予想していませんが、台風の位置によっては警報レベルの雨になる可能性は十分にありますので大雨に注意・警戒をお願い致します。きょう、あすに台風の備え、早め早めの対策をよろしくお願い致します」

 岡山・香川に台風本体の雨雲がかかる可能性は低いですが台風周辺の雨雲がかかるでしょう。また暴風域には入らない見込みですが、南東からの風により、香川県では東讃や小豆島、岡山県では海上で風が強まりそうです。

 では雨や風について詳しく見ていきます。

 まず風です。岡山県は6日の午後から風が強まり始め、7日に強風域に入る見込みです。7日には海上を中心に非常に強く吹く恐れがあります。最大瞬間風速20メートルから30メートルでしょう。交通機関に影響が出るかもしれません。

 続いて雨です。長時間降る可能性は低いですが、短時間に強い雨が降る恐れがあるので注意が必要です。波にも注意をしてください。

 ではこの先の天気です。5日は温帯低気圧に変わった台風9号の影響で、雨になるでしょう。台風が接近する6日の午後から7日にかけては雨になります。短時間の強い雨にご注意ください。

 台風が抜けた8日火曜日は晴れ間が出そうです。

新着ニュース