ニュース

春の訪れ告げる アテツマンサクが見頃 岡山・新見市

 岡山県新見市では春の訪れを告げる花、アテツマンサクが見頃を迎えています。

 アテツマンサクは「植物学の父」とも言われる植物学者・牧野富太郎が1914年に山中で発見したマンサクです。

 当時、新見市が阿哲郡だったことからアテツマンサクと名付けられ、「新見市の花」として親しまれています。

 新見市大佐地区の柴田光政さんは、自宅の裏山で約1000本のアテツマンサクを栽培しています。

(アテツマンサクを育てる/柴田光政さん)
「たくさん花付きもいいし、色合いもいいし、最高ですね今年は」

 新見市のアテツマンサクは、3月上旬まで楽しめるということです。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース