ニュース

“桜”開花宣言は…「岡山さくらカーニバル」の中止を知らせる看板が設置

 岡山に春の便りはやってきたのでしょうか。

(記者リポート)
「岡山後楽園で1輪の桜を見つけました、岡山も開花宣言となるのでしょうか」

 15日午前10時、岡山市の岡山後楽園では地方気象台の職員がソメイヨシノの標本木の開花状況を確認しました。

岡山地方気象台/濱子訓志[はまご・さとし] 地域防災係長
「開いてるものはないですね、まだね」

 開花の基準は5輪以上の花が咲いていること。
 15日は開花宣言とはなりませんでしたが、つぼみの先はピンクに色づき、春の訪れを感じさせます。

(岡山地方気象台/濱子訓志 地域防災係長)
「最初ピンク色に先っちょが、けっこう膨らんできて、つぼみの下の方から伸びてくるんですよね、形としてはマラカスみたいな、そうなるとすぐ開花、まだしばらくはないかな」

 ウェザーニューズによると、岡山での開花宣言は過去2番目に早い3月21日となりそうです。

 桜の楽しみ方も例年とは異なりそうです。

 旭川の河川敷では岡山市などが主催する「岡山さくらカーニバル」の中止を知らせる看板が設置されました。

 毎年7万人以上が訪れていますが、新型コロナの影響で2020年同様、ライトアップや屋台の出店がなくなります。

(岡山市民は)
「残念、楽しみにしてる方も多かったんじゃないか。あまり大人数にならないように、するとしても楽しみたい」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース